大槻中学校相撲部 田村 映空・佐久間 秀人・平塚 翼颯・関根 誠

小学校から相撲をしていた仲間と
 全国をめざす。

大槻中学校相撲部
田村 映空・佐久間 秀人・平塚 翼颯・関根 誠

大槻中学校相撲部は、中体連の団体戦と新人戦でどちらも3位を、同じメンバーでつかみ取った。
大槻中相撲部には3年生はおらず、2年生も部長の田村映空選手だけで、残り3名の部員は1年生。
「来年の中体連では優勝をめざします」と田村選手は語る。福島県中学生相撲選手権大会の軽量級で優勝を勝ち取り、今は後輩の成長を期待し、共に稽古に励んでいる。

1年生の佐久間秀人選手、平塚翼颯選手、関根誠選手は小学生の頃、それぞれ特設相撲部に在籍しており、田村選手も学年は異なるものの所属していた。そのため敵味方に分かれて試合をした仲だ。佐久間選手は6年生の時には、郡山市の大会で、学年の部準優勝、県大会・全国大会・東北大会へ出場。今年の県中体連総合大会東北大会個人戦1年生の部では、平塚選手が6位、佐久間選手が5位で、決勝トーナメントまで出場した。

小学生の頃からの相撲仲間が集った部活だけあって、チームワークは抜群に良い。
平塚選手は、仲間と自分のために勝って、賞状を取りたいです」と想いを話してくれた。
彼ら4人の全国をめざす挑戦はもう始まっている。

稽古を始める前、明るい声が道場に響く。大槻中相撲部の部員4名はチームワークが良いだけではなく、全員が明るく元気が良い。
「ちょっと仲が良すぎるんですよね。試合の時は、心を鬼にして相手に立ち向かって欲しいです」と顧問の堀田先生は語る。先生は新人戦での結果を不本意に感じていた。「優勝をめざしていたのですが、力の差を痛感させられました」。

先生の言う「力の差」とは実力ではなく、文字通り腕力のことだ。しかし、1年生はだいぶ身体が大きくなり、本人たちも「力が付いてきた」と話している。先生と部員たちの目標である中体連の県大会優勝は夢ではない。そしてそれは全国大会へと繋がる。

中学校の相撲部は数が少ないことから、中体連は県大会から始まる。ここで優勝した学校が全国大会へ進むことになるのだ。
「先輩からダンベルの使い方を教わり、だいぶ力が付きました」と部長は話す。
彼らは明るいだけではない、筋トレも稽古も真面目にしている。相撲が好きだからだ。
大槻中相撲部が全国大会で活躍できることを心から祈りたい。

大槻中学校相撲部 田村 映空・佐久間 秀人・平塚 翼颯・関根 誠

大槻中学校相撲部 田村 映空・佐久間 秀人・平塚 翼颯・関根 誠

やまぐち整形外科クリニック

スタジオココ
ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート静岡

動画制作受付中!

ピックアップ記事

  1. 小山田バレーボールスポーツ少年団
    小山田バレーボールスポーツ少年団今年でチーム創設23年の小山田バレーボールスポーツ少年団は、春の…
  2. 富田中学校卓球部
    富田中学校卓球部昨年の中体連で団体戦東北大会出場という素晴らしい成績を収めた富田中学校卓球部。先…
  3. 郡山少年ラグビースクールスポーツ少年団
    郡山少年ラグビースクールスポーツ少年団ラグビーは人間力を育むスポーツ。そう感じたのは己を磨く他に…
やまぐち整形外科クリニック
PAGE TOP