F・Kあさかライジング

動きや技の選択肢を
 増やしてあげたい。

F・Kあさかライジング

「全員がオールラウンドプレーヤーに」と、伊藤コーチは額に汗を浮かべ爽やかに答えてくれた。チームの指導方針には、ずっとバスケを続けて欲しいとの願いが込められている。

「小学生のうちは、まんべんなく基本の動きやバスケテクニックを伝える時だと思っています。今のうちに引き出しを多くし、中学・高校に進んだ時にこそ、自分の得意な動きや好きなポジションを選んで欲しい」と、子どもたちの将来を見据えている。

練習の様子は、3人のコーチと子どもが一緒に同じメニューをこなすスタイル。コーチたちがシュートの見本を示す。子どもたちは、憧れの眼差しでコーチの華麗な動きを真似る。時間を追うごとに、様々なスタイルのシュートが繰り広げられていく。左右どちらからも打てるように体の使い方のバランスも相当意識しているという。

「優勝大会は6年最後の大きな大会なので、身長を活かしたゴール下のシュートを決めて、全員で県大会に行きたい」と、主将は大会の意気込みを語ってくれた。子どもたちは伝授されたどの技を選択するのだろうか? 大会では失敗をおそれず、いろんな動きと技に挑戦して欲しい。

F・Kあさかライジング

F・Kあさかライジング

ナンスポ

スタジオココ
ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート静岡

動画制作受付中!

ピックアップ記事

  1. 赤木ソフトボールスポーツ少年団
    赤木ソフトボールスポーツ少年団平成14年に設立された赤木ソフトボールスポーツ少年団は、各方面で活…
  2. 富田ソフトボールスポーツ少年団
    富田ソフトボールスポーツ少年団今年に入り「好間川杯」で優勝、「ウェルズホーム杯」「県総体県中・田…
  3. 郡山第四中学校陸上部
    郡山第四中学校陸上部『福島民報杯2018県中学校新人陸上競技大会』で女子総合優勝並びに女子リレー…
やまぐち整形外科クリニック
PAGE TOP