赤木ソフトボールスポーツ少年団

我慢強く、ひたむきに
 活動を続けてきた。

赤木ソフトボールスポーツ少年団

平成14年に設立された赤木ソフトボールスポーツ少年団は、各方面で活躍するOBを多数輩出している歴史あチームだ。ピーク時には60人ほどいた団員だが、少子化や震災の影響もあり、人数が揃わず試合に出られない日々が続いた事もあった。

指導する村田正紀監督は「我慢強く活動していました。ソフトをやりたいと思って入団してきた子どもたちです。責任を持って指導に当たりました」と話す。17年間ずっと方針を変えず子どもたちに接してきたそうだ。

取材に伺った日は6年生の卒団式。保護者やOBとの和気あいあいとした試合と、団長、監督を始めOBからの暖かい贈る言葉に子どもたちの笑顔が弾けていた。

団を引っ張ってきたキャプテンは「練習も試合も本当に楽しかったです。監督はできない事をしっかり教えてくれました。これから役立っていくと思います」と話した。新キャプテンは「チームをまとめて、一つでも多く試合に勝っていきたい」と目を輝かせた。

地域や卒団生いろいろな方々から見守られ、子どもたちは楽しく我慢強くソフトを学び成長していくだろう。今後の赤木スポ少の活躍が期待される。

赤木ソフトボールスポーツ少年団

赤木ソフトボールスポーツ少年団

福島放送

スタジオココ
ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート岡崎 ジュニアアスリート豊橋 ジュニアアスリート静岡

動画制作受付中!

ピックアップ記事

  1. 郡山第七中学校野球部
    郡山第七中学校野球部朝。速い陸上部の子について走り自分を追い込む3キロのロードワーク。「追い込む…
  2. 岩江ドリームミニバスケットボールクラブ
    岩江ドリームミニバスケットボールクラブ「苦しいときも笑って乗り越えられる。それが、このチームの魅…
  3. 日和田ソフトボールスポーツ少年団
    日和田ソフトボールスポーツ少年団日和田ソフトボールスポーツ少年団は、2018年「県児童ソフトボー…
やまぐち整形外科クリニック
PAGE TOP