桜スポーツ少年団ソフトボール部

勝つことで得た経験を
 成長の糧に。

桜スポーツ少年団ソフトボール部

昨年3月、創部以来初の全国大会「春季全日本小学生男子ソフトボール大会」に出場した桜スポーツ少年団ソフトボール部。その後も快進撃は続き市内主要大会は全て優勝。県総体では3位となり、東北大会に出場し優勝するなど輝かしい成績を収めた。

指導する宮田牧正監督はこう話す。
「飛び抜けた子はいませんが、チーム力で勝てるチームになりました。指導者の指示待ちではいつまでも成長できません。自分たちで考えて練習に取り組むよう指導してきました」。低学年の時から、6年生で勝てるように計画立てて練習したのだそう。

大活躍した6年生はまもなく卒団を迎える。「勝つ喜びを覚えた経験が次に生きてくる。これからの成長が楽しみです」と宮田監督は微笑む。

キャプテンは「練習が大変と思う時もありましたが、いろんな大会に出ることができて良かったです。また声をかけ合ってまとまったチームになってほしい」とこれからの新チームに期待を込めた。

チームを象徴する桜色のユニフォームを着た子どもたち。新チームでもグラウンドで活躍する姿を見せてくれることだろう。

桜スポーツ少年団ソフトボール部

桜スポーツ少年団ソフトボール部

福島テレビ

PAGE TOP